ノンケのフェラ友

今ではすっかり父親もボケてしまって介護施設の世話になっている。数年前に母親がガンで亡くなり、そこからボケに至るまでは早かった。母親が寄り添っていたからこそ父親は生きてこれたのだろうと思う。
父も母もいなくなりガランとした家で両親の私物を整理していた。売れるものは売ってしまって父親の介護費用の足しにしたかったのだ。すると、父親の私物と思われるフォトブックが出てきた。何の気なしにパラパラめくっていると、そこには若かりし頃の父親の写真がずらりと貼られていた。
しかし、ふと気になったのは、母親と映っている写真が一枚もなかったことだ。それどころか、いずれの写真も父親は男性と映っていた。タイプは様々だ。年上もいれば年下もいる、見るからに体育会系もいれば文化系もいる。家族をやっていた頃は気づかなかったが、父親の交友の広さにちょっと驚いた。僕の中の父親は家庭を顧みない仕事人間のイメージだったからだ。
ノンケのちんこ
ただ、僕はそれらの社員に何らかの違和感を覚えていた。繰り返し見ていてその違和感の正体には気づいた。父親と男たちの距離が近いのだ。中には今にもキスしそうな写真もあった。
そんな僕の気づきを僕に代わって父親の世話をしてくれている伯父(父の弟)にそれとなく聞いてみると、伯父はとんでもないことを言い出した。彼らは父親のフェラ友と言うことだった。
伯父が何を言っているのかわからなかった。それならば、僕や母親の存在はどうなる?ノンケのフェラ友なんてありうるのか?という問いに、父親は人間そのものを愛していた人だった、と伯父は答えてくれた。そこに男女の壁はなかったのである。しかし、母親と言う存在があり、僕と言う子供まで作った以上、ノンケのフェラ友は考えられない。そんな僕の問いに伯父は「その写真を誰が撮ったのか考えてみたらいい」と言った。
それはきっと母親なのだろう。母親も容認していたからこんな写真も残っていたのだと思う。旦那が両刀使いであることに対して母親はどう思っていたのだろう?とフォトブックの最後のページをめくると、そこには笑顔で一枚の写真に納まっている父と母の姿があった。
ちんこ舐めたい
ノンケをフェラしたい

援デリ

お金が欲しいけど、酒とかは苦手なのでキャバクラでは働けないから援デリを始めようと出会い系を利用しました。体を売るということもあってすぐに男性からの連絡があったけれど、最初にあった人にいきなり、
「お前みたいなブスに援デリしてもらっても金払う気にはならないから金なしか、それか今回はなかったことにしよう。」と、酷い事を言われました。見た目はそんな気にしていなかった私。普通の人より少しぽっちゃだけど、見た目はそれなりに悪くないと思っていました。だからあの男性が自分のことを棚に上げて人のことを言う最悪な男だと思い別の人を探しました。次に会った人は私より10歳年上。この男性ならお金くれるかなと思いましたが彼も会ってすぐに「写メよりも雰囲気違うね。
援デリと知らずにJKのエロ垢に2万円を取られて学んだタダマンの方法
もう少し痩せている子の方がタイプだな。予定の金額より払いたくないから値下げしてくれないかな。」と、これも最悪でした。値下げするほど私の体は安くないと思った私はこの男性を断りました。結局誰とも会わないまま私は男友達に今回のことを伝えると「そりゃそうだよ。お前ブスだから仕方ないよ。」と、言われました。私がブスだなんて自覚していなかった私。だんだん男性に会うのが怖くなりましたがそんな私でも一緒にいてくれる友達。彼はなんで私と友達になったんだろうと思い尋ねたら「ブスにはブスの友達がちょうどいいんだよ。」と、彼も自分がブスだと自覚していました。それからは援デリすると傷つく言葉ばっかり聞かされそうなのでそれをしないで地道に稼ごうと思いました。
裏垢女子
援交デリバリー

25歳専業主婦の不倫日記

結婚して3年目の専業主婦です。
主人はとても優しく、一昨年、子供も生まれました。
妻として、そして母としての生活そのものには全く不満はありません。
でも、何かが満たされないんです。
子供が生まれてから、その思いが更に強くなりました。

この心の欠如感の正体を自分なりに探ってみたところ、「オンナとしての刺激が足りない」という結論に達しました。
主人は確かに私を愛してくれていますが、それはあくまでも妻として、子供の母としての愛です。
結婚前のような、一人のオンナとしてカラダやココロを求められている感じが今は希薄なんです。
満たされない気持ちを埋めるために、いつしか不倫サイトを使って不倫してみようかな・・・と思うようになりました。

ネットで『不倫 出会い』というキーワード検索していると、その想像だけで興奮してしまって、アソコが濡れてしまうことも何度かありました。
そのうちもう我慢できないという心境になり、Jメールに登録し、私と不倫してくれる男の人を探すようになりました。
普段、ごく普通の専業主婦をしていると、なかなか不倫の出会いってないですものね。
こういったサイトを使えば、私を求めてくれる素敵な男性にいつか巡りあえると考えての行動でした。

出会い系を使い始めて、そう時間を要することなく、私はひとりの既婚男性と知り合うことができました。
主人とはまた違った方向性で優しく、すごく私のことを「欲しい」と思ってくれているのが、メールなどを通じてひしひしと伝わってきました。
しばらくしていよいよ直接会うという話になりました。
前日から胸がどきどきして、夜などは主人が横で寝ているのに、こっそりとオナニーをしてしまったり・・・。

当日、初めて会い、生で見た彼は本当にすごく素敵でした。
初対面の人と不倫をするという状況が、それまでの私にとってはありえないことであり、それゆえにすごく気持ちが高ぶりました。
ラブホへ着くなり、彼が私のカラダを貪るように愛撫してくれるんです。
主人との間にはないその野性的なセックスに私はみるみる溺れ、何度もイッてしまいました。
背徳的なセックスという感覚が、なお私をエッチなオンナにさせてしまうみたいです。
もちろん、今でもその彼との不倫は続いています。

24歳独身男性派遣社員の恋人日記

彼女いない暦10年になるので新たな恋人を求めて出会い系を使っています。
一通り使ってみてやっぱりいいのはポイント制の所謂有料出会い系サイトですね。
意外にも恋人を真剣に探している女性はたくさんいらっしゃいます。
まあサクラもいるんですけどね。でも半年使ってみてだいたいサクラは判別出出来るようになりました。
今まで出会えた女性は2名ですが、二人ともぽっちゃりだったねすよねー。ぽっちゃりならいいんですが、
力士並みだったんで流石にこれは女として見れないなーってことでお断りしました。なんであそこまで
太ってて恋人が探せるのか不思議でしょうがないですね。痩せろと言いたいです。
それと今ぜひいいなと思ってる女性が写真付きのプロフィールの方なんですけど、なんと
スチュワーデスみたいなんです。写真も黒のストッキングでエロイ感じなんですよね。
この人には一度胸のアップ写真を送ってもらいました。もう仕事中だったんですが思わず職場の
トイレで一人でしちゃいましたね。早く会いたくて仕方がないです。でも向こうは出会い系は
初めて使うとか言ってましたけどたぶん嘘だと思うんですよね。
となるとけっこう遊びなれた女かもしれません。ま、もしもそうだったら恋人ではなくて
セフレをゲットするという風に目標を変更するのもありです。いずれにしても
あの写真を見る限りはかなり期待度は大きいのでなんとしてもリアルで出会うまでは
もっていきたいですね。そしてあわよくば即日でゲットしたいです!